ラグビー・トップリーグ(TL)第6節の13日、4勝1分けでレッド・カンファレンス首位の神戸製鋼は、午後1時から大阪市のキンチョウスタジアムで同5位の豊田自動織機と対戦する。勝てば各組4位以上による決勝トーナメント進出が決定。ディロン・ヘッドコーチ(HC)は「優勝を語るにはまだ早すぎる。この1戦に全力を尽くす」と力を込める。

 好調のチームを象徴するのが、トンガ出身のナンバー8中島だ。4年目の今季は全5試合に先発して4トライ。1日には日本代表にも初選出された。「調子はすごくいい。パワーだけじゃなく、頭もスマートにやれている」と笑顔を見せる。

 昨季までは規格外の力...    
<記事全文を読む>