日本ハンドボールリーグの琉球コラソンは7日、山梨県の甲州市塩山体育館でトヨタ車体と対戦し、21ー34で大敗した。

 開幕試合後から4連敗の1勝4敗で、トヨタ車体とは2戦2敗。

 1ー6のような守備で開始し、トップの選手をややマンツーマンにしたコラソンは、出だしこそ守備で粘り、攻撃では角度の少ないサイドシュートなどで競り合った。

 しかし、前半途中から相手の個人技や両サイドへシュートチャンスを作られるなど、連続失点で差を広げられた。

 後半はGKを下げた7人攻撃を展開したが、早撃ち気味なロングやステッ...    
<記事全文を読む>