アメリカンフットボールの関西学生リーグ第9日は7日、神戸市灘区の王子スタジアムで2試合があった。関学大は42-0で甲南大との兵庫対決を制し、開幕からの連勝を4に伸ばした。甲南大は4戦全敗。神戸大は関大に7-35の完敗を喫し、1勝3敗となった。

 関学大は第1クオーター(Q)にRB渡辺の先制タッチダウン(TD)などで21点を挙げ、危なげなく逃げ切った。甲南大は課題の攻撃が機能しなかった。神戸大は関大に計5本のTDを許し、反撃は第4QにRB錦織が奪ったTD1本にとどまった。

...    
<記事全文を読む>