アジア初開催の2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を前に、ジュニア選手の交流を図る「第1回アジアラグビー交流フェスタ」が7日、福岡県春日市の春日公園球技場で開かれた。14歳以下の国内外計16チームが、15人制の半分のフィールドを使って7人同士で対戦する「Xラグビー」の試合で交流を深めた。

 アジア地域での競技普及を目的に日本協会とW杯福岡開催推進委員会が共催。海外からバングラデシュ、ブルネイ、マレーシア、フィリピン、台湾、スリランカ、マカオ、国内は福岡、大分、長崎の各県から参加した。

 会場では楕円(だえん)球を追って多様な言語が飛び交った。福岡市の...    
<記事全文を読む>