第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」第7日は5日、静岡県御殿場市などで行われ、馬術の少年トップスコアで中島双汰(明光中)が初優勝を果たした。

 

 中島は約8年間の付き合いになる愛馬・ダイワシュガーと出場。2位に80点差をつける1470点で優勝した。2日の標準障害飛越では2位だったことから、「勝ちきれず悔しかったので、きょうは本当にうれしい。勝てて良かった」と声を弾ませた。

 そのほか県勢は、陸上の成年女子円盤投げで辻川美乃利(筑波大大学院)、カヌーのワイルドウオーター・カヤックシングルで井戸奈津美(県競技力向上対策本部)が3位に入った...    
<記事全文を読む>