第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第7日の5日、徳島県勢は個人の2競技で優勝を果たした。ライフル射撃の少年女子エアライフル立射40発を堀之内愛(小松島西高勝浦)が制し、重量挙げの成年男子77キロ級ジャークでは原勇輝(中大)が182キロの日本大学新を樹立して初の頂点に立った。

 堀之内はビームライフル種目を制した昨年の愛媛大会に続き、2年連続で国体優勝を飾った。今大会の県勢の優勝は弓道1種目、ライフル射撃2種目に続いて五つとなった。

...    
<記事全文を読む>