第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第6日の4日、ライフル射撃の少年男子ビームライフル立射60発で、徳島の竹内裕登(城南高)が251・7点で初優勝した。県勢の優勝は弓道1種目、ライフル射撃1種目に続いて三つ目。

 福井市の足羽高第1体育館で行われた同種目には22人が出場。竹内は予選を8位で通過し、8人による決勝に進んだ。決勝では、それぞれ10発(1発10・9点満点)撃った後、2発撃つごとに下位の選手から順位を確定させた。竹内は安定の射撃を見せて最後まで残り、2位に1・4点差をつけた。

...    
<記事全文を読む>