第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は10月4日、重量挙げ競技が福井県の小浜市民体育館で行われ、成年男子53キロ級で福井の出口貴也(重田組)がジャーク119キロを挙げ、自己記録を更新して初優勝した。

 最初の試技で自己ベストの116キロを成功させ、2度目に119キロを危なげなく持ち上げた。最終試技は総合優勝を狙って123キロに挑戦したが、惜しくも挙げられなかった。

 スナッチは2度目に94キロを成功させて3位入賞。スナッチとジャークを合わせたトータルは213キロで準優勝となった。

...    
<記事全文を読む>