ラグビー少年男子の佐賀工高は、準決勝で全国選抜4強の御所実高(奈良県)に0-19で敗れて3位。立ち上がりから相手の高い展開力に苦しんだものの、後半はノートライに抑える意地を見せ、年末に迫った花園に期待を抱かせた。

 前半2分。相手の軽快なパスワークを捉えきれずに最初のトライを許した。しかし、0-19で迎えた後半は、水間夢翔主将を中心に猛タックルを見せて前進。トライを奪うことはできなかったが、相手のタッチライン目前まで迫り、守備も無失点で切り抜けた。

 「後半は相手の速い展開にも対応できていた」と枝吉巨樹監督。水間主将は「スピードとパワーを磨いて、花園はもう一つ階...    
<記事全文を読む>