アーチェリーで全国高校総体女子個人を制した上原瑠果(甲南女)が、6日に開幕する若手アスリートの国際総合競技大会、ユース五輪(アルゼンチン・ブエノスアイレス)に出場する。アーチェリー女子唯一の代表として挑む大舞台へ、「メダルを取って帰りたい」と闘志を燃やしている。

 甲南女中でアーチェリーを始め、競技歴は4年半。昨年は秋に世界ユース選手権大会キャデット部門(17歳以下)団体で日本初の金メダルをもたらし、個人でも7位に入った。帰国後に全世代のトップ選手が集う全日本選手権で8位になり、輝かしい実績を重ねてきた。

 だがその後不調に陥り「精神面...    
<記事全文を読む>