ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を1年後に控え、日本代表のプロップ三上正貴(東芝、青森工高-東海大出)が2大会連続出場を目指している。「今までお世話になった人の前で、ひたむきなプレーを見せたい」と気合を入れる。
 前回(2015年)のW杯イングランド大会は1次リーグ4試合のうち3試合に出場した。日本は過去最多の3勝を挙げたが、本人には苦い思い出が残る。W杯デビューの南アフリカ戦は先発出場を果たしながら、失点につながるプレーをしてしまった。大会期間中に足首を捻挫してサモア戦を欠場。躍進したチームとは対照的に、個人では不完全燃焼に終わった。
 「やり残したことがあ...    
<記事全文を読む>