【福井県で本社取材班】福井県で開かれている第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」で1日、レスリング少年男子フリースタイル71キロ級の諏訪間新之亮選手(鳥栖工高)が頂点に立った。今大会で県勢の優勝は初めて。

 諏訪間選手は鋭いタックルと堅守で躍進した。初戦の2回戦、準々決勝と相手に1ポイントも与えず勝ち上がると、準決勝は全国総体2位の強豪に鋭いタックルを決めて判定勝ち。全国総体王者と迎えた決勝も果敢に攻めて接戦を制した。

 このほか、剣道少年の男女がそろって4位入賞。レスリング男子の田代拓海選手(福岡大)と小柴伊織選手(鳥栖工高)が5位に入った。

...    
<記事全文を読む>