“レジェンド”の2度目の福井国体が始まった。静岡県御殿場市で1日行われた成年男子馬場馬術で7位入賞した福井の吉村喜信選手兼監督(67)=福井工業大学教=は、1968年の1巡目国体で高校生自馬B馬場馬術を制し、天皇杯獲得(男女総合優勝)に貢献した。「始めたばかりの時は馬が怖かった」という少年が、50年をへて、多くの教え子とともに馬場にチームふくいの存在感を示している。

 福井県内の福井市灯明寺中1年で馬術を始めた。当時、1巡目国体に向けて県馬術連盟が選手を募っており、ポスターを見て出場を希望すると、同校に馬術部ができた。部員は2人だけ。毎週末、坂井市三...    
<記事全文を読む>