第七十三回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」は三十日、二日目を迎えた。台風24号の接近で多くの競技が延期となる中、開始時間を変更するなどして実施されたボートやレスリング競技で県勢が健闘。準決勝などへ駒を進めた。

 少年の男女のみ行われたボートでは、少年男子のダブルスカルとシングルスカル、少年女子シングルスカルで準決勝進出を果たした。

 レスリングはフリースタイルの各階級が開かれ、成年男子57キロ級の小泉民旺選手(拓殖大)、少年男子80キロ級の森東大樹選手(八幡工高)が二回戦に進んだ。

 卓球少年女子は二回戦で埼玉県と戦い、1-3で敗退した。

...    
<記事全文を読む>