アマチュアゴルフの第36回全国都道府県対抗選手権JA共済CUP(上毛新聞社など主催、JA共済連特別協賛、富士通、NEC協賛)は25日、神戸市の六甲国際ゴルフ倶楽部(7115ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、3人の合計スコアで争う団体で群馬県は482となり、前日の25位から18位に順位を上げた。前日1位の香川がトップを守り、4度目の優勝を果たした。

 個人は梅山明久(前橋)が156の29位タイで県勢トップ。吉山公章(同)が159で48位タイ、木村正伸(高崎)が167で108位タイと続いた。前日トップと2打差の6位につけていた千葉の塩田一史が146で制覇した。...    
<記事全文を読む>