第36回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権JA共済CUP(山陽新聞社主催、日本ゴルフ協会、関西ゴルフ連盟、兵庫県ゴルフ連盟、兵庫県、神戸市後援、JA共済連特別協賛、富士通、NEC協賛)は25日、神戸市の六甲国際GC(7115ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、3人のスコアで争う団体は首位から出た香川が453で逃げ切り、3年ぶり4度目の優勝を果たした。

 11打差の2位は新潟、3位は高知、4位は鹿児島だった。郷土勢は6位から出た岡山が481で17位、広島は485で23位だった。

 個人は51歳の塩田一史(千葉)が6位から出て72で回り...    
<記事全文を読む>