第12回U18日本陸上選手権の第1日は19日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで行われ、女子棒高跳びで藤家麻鈴(まべる)(星稜高2年)が3メートル80で優勝した。自らが持つ石川県記録を20センチ更新した。

 U18(2001年1月1日~02年12月31日に生まれた競技者)の日本一を決める大会。藤家は3メートル40からスタートし、3メートル65を1回目でクリアして自己ベストを更新した。3メートル70は2度失敗し、後がなくなった3回目で成功、続く3メートル75、3メートル80はいずれも1回で跳んだ。3メートル85、86は失敗したものの、3メートル70で2位の岡本風香(前橋育英高3...    
<記事全文を読む>