陸上少年男子A5000メートル決勝で、ベヌエル・モゲニ(東明高3年)がただ一人14分を切る13分56秒25で圧勝した。同種目では国体2連覇と、今夏の全国高校総体に続く高校2冠を同時に達成。2位以下を大きく引き離す異次元の走りを見せつけた。
 「(1周400メートル)67秒のキープを意識した」とモゲニ。精密機械のようにぶれることなくラップを刻み、中盤から他の選手はついていけなかった。「風が強くてきつかった」と振り返ったものの、終わってみれば2位に8秒近い大差でフィニッシュした。
 ケニアから留学して3年目。「とにかく努力家。経験を積み、クレバーなレースができるようにな...    
<記事全文を読む>