トップとわずか0・03秒差だった。陸上成年女子100メートルの決勝レースに挑んだ久保山晴菜(福岡大)はレース後半に加速。12秒24秒の2位でゴールした。レース後、コースと観客席に向かって深々と一礼した久保山は「今までお世話になったみなさんのおかげ」と感謝の思いを口にした。

 台風が接近し、向かい風2・8メートルの中でのレース。久保山は「タイムを出すのは難しい」と冷静に考え、「順位を一つでも上げて佐賀のために」と強い気持ちで臨み、しっかり結果を残した。

 僅差で頂点に届かず、「いつも通り前半も伸ばせていれば…」と少し悔しがる様子もあったが、表彰台に上...    
<記事全文を読む>