バスケットボールBリーグの葦原一正常務理事らは29日、2020年オールスター戦の開催候補地視察のため水戸市を訪れ、関係者への聞き取り調査や建設中の同市緑町「アダストリアみとアリーナ」を見学した。

 Bリーグから訪れたのは葦原常務理事と増田匡彦シニアマネジャー。まず水戸市役所で県内競技関係者らと会談した。会談には、高橋靖市長や茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメントの山谷拓志社長、県バスケットボール協会の薄井宏美会長らが出席。高橋市長は「オールスター誘致のために、できる限りのことをしたい」と熱意をアピールした。

 その後一行は来年4月供用開始...    
<記事全文を読む>