バスケットボールのウインターカップ2018第71回全国高校選手権大会県予選が26日から3日間、横手市増田体育館などで開かれる。男子41、女子27校が出場し、各優勝校が12月23~29日に東京・調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれる全国大会の出場権を獲得する。

 男子は6月の全県総体を制覇し、夏の全国総体(インターハイ)で16強入りした能代工が中心。伝統の堅守と攻防の切り替えの速さで、3年ぶりの王座奪還を狙う。昨年は全県総体を制しながらウインターカップ県予選は準々決勝で敗れており、追い掛ける秋田西、秋田南などの戦いぶりも注目される。

 ...    
<記事全文を読む>