110失点。レバンガが発足した2011~12年シーズン以降のワースト記録だった。93失点で大敗した17日に続き、またしても看板の堅守は崩れた。

 昨季のリーグ準優勝の千葉は、日本代表のポイントガード富樫ら個人技に優れた選手が多い。試合を通して面白いようにドリブルやパスワークで揺さぶられた。千葉の2点シュートの成功率が64・4%と高かったのは、フリーに近い状態でシュートを打たせる場面が多かったからでもある。

 千葉は守備力も高かった。それは、レバンガが第2クオーター開始から5分34秒間も得点できなかった事実が示している。この間、攻撃時間内にシュートを打てず、千葉に...    
<記事全文を読む>