バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは21日、五所川原市民体育館で愛媛オレンジバイキングスと対戦し、延長の末、85―86で惜敗した。

 ワッツは前半、愛媛の堅い守りに押し負け、思うような攻めができずリードを許した。後半は追い上げを見せ、逆転したが、試合終了間際に相手チームに決められて同点となり、延長に突入。延長では、フリースローなどのチャンスを生かせず、今季初のホーム連勝とはならなかった。

 次節は24日、仙台市のゼビオアリーナ仙台で仙台89ERSと対戦する。

...    
<記事全文を読む>