プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区)は21日、愛知県の豊橋市総合体育館で三遠ネオフェニックス(中地区)と対戦し、91ー60で快勝し、アウェーで2連勝した。

 第1クオーター(Q)から内外の守備を固めたキングスは三遠の3点弾も封じ、さらにターンオーバーも誘って26ー17と流れをつかんだ。その後は守備で常に重圧をかけ続けた。攻撃では並里成を中心としたユニット、岸本隆一と橋本竜馬コンビの第2ユニットなど、選手全員でうまくプレータイムをシェアして攻勢を緩めない。ジョシュ・スコットらはゴール下のリバウンドで競り勝ち、最後まで圧倒し続けた。

 ...    
<記事全文を読む>