バスケットボール男子B2は13日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは西地区の奈良に70―50で勝利した。信州は、チーム新記録となる開幕5連勝を飾った。

 信州は第1クオーター(Q)、組織的な守備でリズムをつくって7点をリード。第2Qはボールを奪ってからの素早い攻撃で地道に得点を重ね、前半を32―21で折り返した。第3Qも流れを渡さずにリードを20点に広げると、第4Qはマーシャルの9得点の活躍などで逃げ切った。

 信州は14日午後2時から、同アリーナで再び奈良と対戦する。

...    
<記事全文を読む>