バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)の発足時から在籍し、昨季限りで現役を引退した水町亮介さん(37)が、県内の小中学生を指導するアカデミーコーチとして活動を始めている。チーム生え抜きの元選手が、秋田で第二の人生を歩み出し、引き続き秋田NHに情熱を注ぐ。

 今月4日、秋田市御所野の県中央シルバーエリアで水町さんは小学校低学年対象のスクールで指導していた。頭の周りでボールを回すハンドリングやドリブルなど基礎練習の手本を示したり、児童と一緒にメニューをこなしたりした。「同じミスをしないようにね」「どんどんチャレンジしてみよう」。一...    
<記事全文を読む>