プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区)は7日、秋田県のCNAアリーナ★あきたで秋田ノーザンハピネッツと対戦し、71―66で辛勝した。最終盤に詰められ苦しんだが、振り切り開幕2連勝とした。

 キングスは6日の試合同様に第2クオーター(Q)に畳み掛けて前半で41―27と引き離した。後半は秋田の泥臭いプレーに追い上げられた。ミスやアンスポーツマンファウルなどもあり、最終盤に67―64と追い上げられた。それでも、並里成のドライブや相手パスミスを誘う激しい守備を続け、勝ち切った。

 次戦は12、13日、今季初の...    
<記事全文を読む>