身長211センチの新たな“大黒柱”が栃木との接戦を演出した。米プロバスケットボールNBAマイアミで優勝経験がある福岡のピットマンが、チーム最多の20得点をマーク。「負けはしたけど、強豪相手に良い試合ができた」と前を向いた。

 58-66で迎えた第4クオーターの2分半すぎには、ファウルを受けながら豪快なダンクシュートを決め、フリースローも成功させて反撃ムードを高めた。その後、一時2点差まで詰め寄ったものの、最後は突き放されて73-82で連敗を喫した。

 実は第2クオーターに相手とボールを取り合った際、左手中指を脱臼。自分で元に戻し、テーピン...    
<記事全文を読む>