今季こそは、とチーム史上初の開幕戦での勝利を目指したレバンガだったが、前半の11点差が最後まで重くのし掛かった。新任のネトヘッドコーチは「相手に試合を支配され、やりたいプレーができなかった。後半は巻き返そうとしたが足りなかった」と悔いた。

 立ち上がり、レバンガは野口のブロックショットや関野のスチールが出るなど気迫のこもった守備を見せた半面、攻撃ではミスでボールを失うターンオーバー(TO)が相次いだ。さらに、前半のシュート成功率も32・3%と失敗の山を築いた。松島は「相手の守備がハードで、フォーメーションをうまく形作れなかった」と振り返った。

 試合を通したTO...    
<記事全文を読む>