バスケットボール男子のプロクラブ・トライフープ岡山(岡山市)は5日、国内最高峰のBリーグ入りに向け新体制を発表した。初代監督にB1(1部)の秋田などでアシスタントコーチを務めた元安陽一氏(37)=山口県出身=を迎え、来季からの参入へチームづくりを本格化させる。

 元安氏やチーム運営会社の中島聡代表(34)らが岡山市で会見。元安氏は「ハードワークに徹する選手ばかり。それぞれの個性を融合させ、勝つことにこだわって戦う集団にする」と述べた。チームは現在、地域社会人リーグの中国・四国・九州地区に所属しており、12月まで行われるリーグで優勝を目指す。

...    
<記事全文を読む>