バスケットボール男子Bリーグが3度目の開幕を迎える。2018~19年シーズンを1部(B1)で戦う秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)には、7人の新戦力が加わった。ジョゼップ・クラロスヘッドコーチ(HC)の下、B1復帰から定着に向けた新たなシーズンに臨むフレッシュな顔触れを紹介する。

 ◇  ◇

 昨シーズンまで7季にわたって中南米のチームでプレーし、得点王やMVPに輝いた実績を持つ。先月8、9日の東北アーリー・カップでは2試合で59得点、リバウンド20本を獲得した。ただ自身は「チームメートが自分にパスしてくれたおかげ」と謙虚さを忘れず、競り合っ...    
<記事全文を読む>