11月3日から兵庫県などで行われる皇后杯JFA第40回全日本女子サッカー選手権大会に、北海道大谷室蘭高校が6年ぶりに出場する。1月の高校選手権前の全国大会でイレブンは上位進出に燃えている。 

 9月の北海道大会(予選)では、初戦の釧路リベラルティ(4―0)、北海道リラ・コンサドーレ(6―0)に圧勝。苦戦が予想された準決勝の札大ヴィスタも2―0と無失点で乗り切った。決勝のクラブフィールズ・リンダは4―2で快勝、インターハイに続く道内2冠目を射止めた。

 皇后杯出場は6年ぶり2度目。監督就任から初の皇后杯(道内)のタイトルに、渡辺純一監督は「プロや...    
<記事全文を読む>