明治安田J2第39節(28日・えがお健康スタジアムほか=11試合)前節11位のファジアーノ岡山は、アウェーで最下位の熊本と0―0で引き分けた。勝ち点53(14勝11分け14敗)に伸ばしたものの、3試合を残して8位以下が確定し、J1昇格につながるプレーオフ進出はならなかった。

 熊本は勝ち点28にとどまり、J3自動降格圏の21位以下が決まった。大分が松本との上位対決を1―0で制し、勝ち点72として首位に立った。松本は同70で2位に後退。

熊本0―0岡山
前半0―0
後半0―0

熊本 7勝7分け25敗(2...    
<記事全文を読む>