女子サッカーのプレナスなでしこリーグ2部は28日、静岡県磐田市のゆめりあ球技場などで最終節の第18節5試合があった。すでに2部優勝と来季の1部復帰を決めている伊賀フットボールクラブくノ一は、静岡産業大磐田ボニータに2―1で勝って、勝ち点44、14勝2敗2分けで全日程を終えた。2位は勝ち点31のニッパツ横浜FCシーガルズだった。

伊賀は前半28分、杉田亜未主将のシュートで1点を先制。後半19分、相手FWに同点ゴールを決められたが、後半ロスタイムに得た直接FKの好機でMF作間琴利が落ち着いて決めて1点勝ち越すとこれが決勝点になった。

大嶽直人監督は「先制しながら追加点...    
<記事全文を読む>