サッカー明治安田J3第29節は28日、長野市の長野Uスタジアムなどで8試合を行い、AC長野パルセイロは1―1で首位の琉球と引き分けた。AC長野は残り5試合でJ2自動昇格圏内の2位鹿児島との勝ち点差が16となり、昇格の可能性が完全になくなった。
 竹下が第9節以来の先発で出場するなど、AC長野は前節から3人を入れ替えた。前半はAC長野が球を保持して、クロスを軸に攻め込んだものの無得点。後半48分、堂安の左クロスを遠いサイドの三上が右足でたたきつけて先制した。しかし、試合終了間際の49分、シュートブロックのこぼれ球を押し込まれた。
 2位の鹿児島は富山に1―2で敗れ、4...    
<記事全文を読む>