◆天皇杯:準々決勝 浦和2-0鳥栖(24日・熊谷陸)

 J1鳥栖が天皇杯準々決勝(埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)でJ1浦和と戦い、0-2で完敗した。5大会ぶりの4強を逃し、金明輝監督は「いい準備をしてきたが、浦和の枚数をかけた攻撃にうまく対応できなかった」と悔やんだ。

 前半の2失点が重くのしかかった。16分、ペナルティーエリア外から宇賀神にフリーでミドルシュートを浴びた。吉田をかすめゴール右に先制点を献上。吉田は「コースに入ったつもりが当たってしまった。1対1をつくれていれば…」。31分は興梠の折り返しから槙野にダイレクトでミドルシュートを...    
<記事全文を読む>