サッカーJ3の首位を独走するFC琉球が、J2昇格を目前にする。長野市の南長野運動公園総合球技場で28日にある第29節・AC長野パルセイロ戦で勝利し、かつ同日に行う2位の鹿児島ユナイテッドFC、4位のアスルクラロ沼津が両チームとも引き分け以下の結果になると、来シーズンのJ2昇格が決まる。J3参入から5年目の快挙を前に、金鍾成監督は「絶対に勝てるという保証はなく、そんなに勝負は甘くない。いつも通り琉球のサッカーをするだけだ」と慢心はない。

 (喜屋武研伍)

 現在5連勝中と「連勝街道」を突き進む琉球の戦績は、18勝5分け4敗で勝ち点は59。前節の鳥取戦は後半のロスタイムで2点奪い...    
<記事全文を読む>