鳥栖は前半に2失点。後半の必死の攻勢も及ばず、完封負けした。

 鳥栖は浦和のテンポよくパスをつなぐ厚みのある攻撃に苦しんだ。前半16分にMF宇賀神に先制シュートを許すと、31分にはDF槙野にミドルシュートを決められ、追加点を奪われた。

 鳥栖は後半の出だしからFW趙東建、MF高橋秀を投入して攻撃的な布陣を形成。FW小野らが積極的なドリブルでゴールに迫ったが、12分にDF金敏爀が2枚目のイエローカードで退場となり、流れを失った。相手のカウンター攻撃を受ける苦しい状況が続き、最後まで得点を奪えなかった。

...    
<記事全文を読む>