サッカー明治安田J2第38節最終日は21日、松本市のサンプロアルウィンなどで9試合を行い、松本山雅は岐阜と0―0で引き分けた。2連勝はならず勝ち点70。同68の町田が岡山に敗れたため松本山雅の首位は変わらないが、千葉に勝って2位に上がった大分に勝ち点差1に迫られた。
 松本山雅は2試合続けて同じ先発。岐阜は前節から先発1人を入れ替えた。松本山雅は序盤から主導権を握った。前半だけで9本のシュートを放ったが、枠を捉えきれず無得点。後半は前半を上回る11本のシュートで攻めたが最後まで得点を奪えなかった。守備陣はGK守田の好セーブもあって3試合連続となる無失点に抑えた。
 ...    
<記事全文を読む>