前節までリーグ最少の23得点の17位鳥栖に3失点。仙台は一度は2点差を追い付く粘りを見せたが、守備が崩れては意味がない。4試合の勝ちなし。目標の5位以内の実現に不安がよぎる。
 ロングボールの対応に手を焼いた。フェルナンドトーレスと金崎に当てられ、そのまま収められたり、こぼれ球を拾われたりした。起点をつくられ、ファウルも増える。先制された前半38分のCKの場面も、ロングボールで前進を許したところから始まった。
 ロングボールで攻められるのは想定していたが、最初の競り合いの段階で金崎らには体を当ててDFを制す強さがあった。セカンドボールを拾う役目だった椎橋は「(DF陣...    
<記事全文を読む>