サッカーJ3で現在単独首位を走るFC琉球は20日、鳥取県のとりぎんバードスタジアムでガイナーレ鳥取(5位)と対戦する。試合は明治安田J3第28節として行う。琉球の戦績は17勝5分け4敗で、勝ち点は56。2位の鹿児島とは11、3位の沼津との差は12。勝負の残り6試合を前に、金鍾成監督は「(J2昇格が)見えてきたね。相手も必死で向かってきて、苦しい戦いになるだろう。しかしやることはこれまでと同じだ」。攻撃的なサッカーにこだわる姿勢は変わらない。(喜屋武研伍) 

前節の福島戦は、徳元悠平のスーパーゴールで先制、前半で3得点し、そのまま勝利を決めた。4連勝で好調を維持する琉球は16...    
<記事全文を読む>