左太もも裏肉離れでJ1仙台の戦列を離れていたMF矢島が復帰に向けて精力的な動きを見せている。20日のホーム鳥栖戦に向けた12日の練習から完全合流し、実戦形式のメニューにも加わった。チームはここ4試合の得点がオウンゴールとセットプレーのみ。高精度のキックと視野の広さを兼ね備えるパサーの復活に期待が高まっている。
 13日に仙台市の紫山サッカー場であった紅白戦ではアンカーに入った。自陣でボールを持つと、すぐに顔を上げ、前線でフリーだった石原に展開した。ボールに絡む場面はまだ多くはないが、見せ場はつくった。
 6月に加入し、8月1日の名古屋戦で負傷した。自身初の長期離脱に...    
<記事全文を読む>