サッカーJ2松本山雅FCの運営会社と松本市は11月3日、市内の小学生以上の子どもと、親や祖父母を対象にしたブラインドサッカー体験会を市総合体育館で初めて開く。2年後の東京パラリンピックの正式種目に興味を持ち、幅広い世代に親しんでもらう狙い。無料で、10月30日まで参加者を募っている。

 体験会はプロスポーツを通じた地域活性化を目的に市が山雅に委託した事業。タオルやボールを使ったストレッチで軽く身体を動かした後、目隠しをしてドリブルやシュートを体験する。山雅アンバサダーの鉄戸裕史さん(36)とホームタウン担当の片山真人さん(34)も出席。抽選で2組に山雅選手のサイン入りユニホ...    
<記事全文を読む>