夏季ユース五輪第10日は10月15日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで新たに採用されたフットサルの女子準決勝が行われ、福井丸岡RUCKの6人が代表入りしている日本(D組2位)は強豪スペイン(C組1位)に3―2で逆転勝ちし、決勝に進んだ。銀メダル以上が確定した。

 ⇒【メンバー写真】福井丸岡RUCKから代表6人

 日本は前半17分に先制され、0―1で折り返した。後半は1分に池内天紀(福井丸岡RUCK)のパスを受けた前田海羽(同)が今大会5点目となるゴールで同点。3分後に荒井一花(同)が勝ち越しシュートを決めた。12分には追野沙羅が加点。終了間際にスペイン...    
<記事全文を読む>