◆21日に最下位長崎戦

 今季のJ1リーグでトップ5入りを目指したジュビロ磐田が、二十九節を終えて暫定十五位(全十八クラブ)と大苦戦している。J2降格枠の十七位サガン鳥栖との勝ち点差は3、残り試合は六で、J1残留に向けて負けられない状況だ。

 磐田の誤算は、W杯中断明けの十三試合で、二勝六引き分け五敗と勝ち点が伸びなかったこと。この間、それまで下位だった名古屋グランパスが七連勝、G大阪が五連勝と猛烈な追い上げをみせて、下位グループは大混戦となった。

 勝ち点を伸ばせなかった要因は決定力不足。二十九節を終えての総得...    
<記事全文を読む>