J2徳島ヴォルティスは16日午後7時から、徳島県鳴門ポカリスエットスタジアムでヴァンフォーレ甲府と対戦する。昇格プレーオフ圏内の6位横浜FCとの勝ち点差は9に広がり、もはや1敗も許されない状況。得点源の一人、バラルを累積警告で欠くが、チーム一丸で本来の攻撃サッカーを貫きホーム岐阜戦以来の勝利を目指す。

 京都戦の後半に約20分間プレーした押谷は「相手が引いた状況でどう点を取るかが難しい」。ベンチで試合を見守った内田裕は「クロスを入れても中の人数が足りてなかった。個々でもっと仕掛けてもよかった」と、それぞれの立場から次戦に向けた課題や修正点を口にする。出場停止のバラルをはじめ...    
<記事全文を読む>