日本フットボールリーグ(JFL)は14日、各地で第2ステージ(S)第10節を実施した。ヴァンラーレ八戸は、八戸市のダイハツスタジアムでFCマルヤス岡崎と対戦し、0―1で敗れた。通算成績は6勝2分け2敗で勝ち点は20。第2Sは順位を1つ落として3位に後退したが、年間順位2位を維持した。

 ヴァンラーレの次戦は21日、宮城県利府町みやぎ生協めぐみ野サッカー場Aグラウンドでソニー仙台FCと戦う。ラインメール青森は同日、新青森県総合運動公園球技場でFC今治とぶつかる。

...    
<記事全文を読む>