明治安田J2第37節第1日は13日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場などで6試合が行われ、徳島ヴォルティスは0-1で京都に敗れた。立ち上がりのセットプレーで失点。徐々に修正して主導権は握ったが、最後までゴールは生まれなかった。徳島は2連敗で通算16勝6分け13敗、勝ち点は54のまま。順位は暫定8位で変わらないが、昇格プレーオフ圏内の6位との勝ち点差は8に広がった。上位の福岡、大宮、横浜Cはいずれも勝って順位を3~5位に上げた。残り5試合は14日に行われる。次節の徳島は16日午後7時から、鳴門ポカリスエットスタジアムで甲府と対戦する。

 早々に失点 プラン崩壊

<記事全文を読む>