サッカーJ1湘南ベルマーレの新本拠地「湘南スタジアム」構想を巡り、茅ケ崎市の経済界などが誘致に向けて動き始めた。茅ケ崎商工会議所は9月、スポーツのほか、コンサートなどの芸術活動にも活用できる複合施設としてのスタジアムの存在意義を考えるシンポジウムを開催。街のブランド力向上への効果などが語られたほか、誘致を目指す団体が署名活動をスタートすることも報告された。

 「誘致するぞーっ、湘南スタジアム」「茅ケ崎、茅ケ崎、茅ケ崎ー」

 市コミュニティホール(市役所分庁舎)に、掛け声が響いた。先月21日夜の「湘南スタジアム茅ケ崎誘致シンポジウム」は、参加し...    
<記事全文を読む>