サッカーJ2松本山雅FCのホーム・サンプロアルウイン(松本市)で提供するメニューを考える「スタめしプロジェクト」の第九期発表会が三日、同市新村の松本大で開かれ、学生が考案したメニュー三品が披露された。

 プロジェクトは松本山雅と同大の連携事業。同大人間健康学部健康栄養学科の学生がメニューのアイデアを出し、学生と松本山雅のスタジアムグルメ出展者が共同で開発する。

 今回発表されたのは、ホウレンソウを練り込んだ緑のパンで山賊焼きを挟んだハンバーガー「がっつりガンズくんバーガー」と、クリームやトッピングの異なる四種類の抹茶揚げパン「松っ上げパン」、そばの花の蜂蜜がかか...    
<記事全文を読む>